日本の美容外科事情

最近、美容整形という言葉をよく耳にしますが、この美容整形は美容外科の分野のことを表します。よく整形外科や形成外科と混同してしまう方がいますが、美容外科とは人間の美意識に基づいて人体の見た目、つまり容姿の改善を目指す臨床医学のことであり、病気の治療や欠損・変形の矯正を行うものではありません。世界から見ても美容整形手術の件数は上位に位置しています。実際に日本の美容外科医および美容外科の院数は増加傾向にあり、技術に関しても美容大国である韓国よりも高いと言われています。美容整形が登場したころは特に規制などがなくインチキによる荒稼ぎをする医師がいるなど、技術がまだ現在よりも劣っていたために失敗が多かったというマイナスのイメージがありました。

しかし、この状況に変化を与えたのが「プチ整形」の流行でした。このプチ整形は、入院の必要がなく、メスを入れることも少ないためメイクやスキンケアの延長で気軽に行うことができる美容整形手術のことであり、2002年頃から雑誌などに掲載されるようになり、現代用語辞典にも掲載されるようになりました。ここから美容外科は徐々に身近な存在となり、今では女性だけの利用者だけではなく、男性の利用者も増え、年齢層も子どもから年配の方までと患者層も広がりをみせています。しかし、まだ日本では韓国とは違い、美容外科の利用にはあまりオープンではなく恥ずかしいことだという認識の人が多いのが事実です。そのため、本気で利用を考えている人にとって相談相手も少ないため、病院選びなどは困難なのが現状です。

○厳選リンク
他院で受けた治療の、修正手術も行っている大阪の美容外科です・・・大阪の美容外科クリニック

施術料金について

美容外科の施術は、病気の治療ではないため健康保険は適用されません。そのため、自由診療となり全額自己負担であり、高額な施術費がかかります。しかし、料金は同じ施術内容でも病院により料金が異なってきます。なぜ、料金に違いがあるのかと・・・

美容外科の選択

美容外科は、大学病院から専門のクリニックまで数あるほど存在し、ここから自身にあった美容外科を選択しなければなりません。この選択を誤れば一生取り返しのつかない事態にもなりかねない問題です。まずは、美容外科医の選択が重要になり・・・